FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

第2次世界大戦後、廃墟となった日本は

国民の勤勉さと、長時間労働の努力により

瓦礫の中から、みるみる復興を遂げた。


どん底から立ち上がり世界第2の経済大国となり

1987年バブル崩壊までの期間は、輝かしい発展を遂げた時期だった。

貧困者はほとんどいなくなり、国民総中流時代となり

常に、今日より明日が、豊かになるという希望を持てる時代だった。


当時それを支えた中心となったのが、人口の多い団塊の世代だった。

常に、「未来は、輝かしいのだ」と、誰もが信じてきた。


しかし、バブル崩壊以降、日本には暗雲が立ち込めるようになった。

それ以降は、今日よりも明日が、貧困になると言う時代となってしまった。


当時、日本は、すぐに復活するものと信じていた。が、

ますます、経済的な停滞、更に落ち込みが続くばかりだった。

次第に、日本人は希望をなくしてきた。


そして、現在、ついに、貧困と、自殺者の増加が、問題となっている。

誰も、このような状態に陥るなどと、バブル経済のころは、予想だにしていなかった。


「老人が増加するから仕方がない」とばかり言っているばかりでは、

ますます国力は低下する。

「勤勉さ」をなくしてしまった日本人が、

再び「勤勉さを取り戻す」事も、求められているのではないだろうか。


国際競争力を増すためには、

競争のない教育方針などと、甘いことばかり言ってはいられない。

真のスパルタ教育を取り戻す必要がある。

教育は100年の計が必要だ。


土曜日も学校教育を復活すべき時だ。





















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3008-b18536b4