FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ご存知のとおり院長はずっとクリニックで生活している。昨年の5月からずっとだ。もはや自分の住民票がどこにあるのかも忘れていることだろう。私としてはそれも良いかな、と思っている。


さて、クリニックで暮らす、と言っても特別に寝泊りできる設備があるわけではない。最初は通いの予定だったので、普通の医局にあるソファーベッドで寝泊りしているだけだ。今や医局は院長の下宿部屋と化し、「たまには片付けてください」というと、ソファーベットを指差して「ここだけが俺の休める場所だー」と叫ぶ。だからこそ片付けなさいよと思うのだが、すぐにそのソファーで寝てしまう。寝ていないときはパソコンに向かってバチバチしてる。


当然炊事も小さな電気のこんろがひとつあるきりで、このこんろで時々何か作って食べている。それが、けっこういける。それをみんなに食べさせようとする。


得意料理は水炊き。なんでも水で煮て、ポン酢で食べる。でも、ニンニクを入れるんですよ。これを長男がお腹にいるとき作ってくれた。さすがにつわりで食べられない。うえっ。


次の日はそれにカレールーを入れる。それをライスカレーにして食べる。やっぱり食べられない。おえっ。


もちろんここでもそれを作って、○先生に勧めてる。「うまいうまい 」。それに目もくれない私を見て「あれ、奥さん、カレー嫌いなんですか?」


カレーが嫌いなんじゃない。カレーに何で白滝が入ってるのよ!それが嫌いなの。


 

私も特製の水炊き何回かご馳走になりました。美味でした。カレーの話を聞くとサルトルさんはつねに頭を使って創意工夫してるんですね。脱帽です。

2007.03.05 17:32 URL | 毒子 #- [ 編集 ]

Re毒子様へ
いくら美味しいとは言え、シラタキが入っていれば不気味でしょう。

2007.03.07 17:33 URL | 院長夫人 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/305-99ce778f