FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は午前中、小耳症で入院の患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日の包帯交換は、抜糸などの処置が多いため時間がかかった。

明日小耳症で手術予定の患者さんが入院となった。


午後からは来週小耳症で手術予定の患者さん達3名の術前検査を行った。


話は変わって、ワールドカップにおける日本サッカーチームの躍進が注目されている一方で

相撲界の、暴力団がらみの野球賭博が問題となっている。

相撲界は、この何年間にもわたり、不祥事続きで、なんとも情けない。

賭博でも暴力団がらみの賭博でなければ問題無しとする、

と言うような、わけがわからない話まで出ている。

情けない限りの相撲界である。

相撲界の理事会は、反省して自らを改革する能力を持ち合わせてなどいない。


もはや現在の相撲界を、国技などといって優遇する必要などない。

このままで、国技としている方が、むしろ日本の恥となる。


私は医師になりたてのころ、

大井競馬場の医務室で、急病の人が出た時に診察するアルバイトをしたことがある。

中年の男の人が気絶して失禁した中年の女の人を連れて来た。

「東北の農家をしていたその男の人は、家土地を売り払ったそのお金を

丸ごと競馬にかけてすべてなくなってしまった」との事。

気絶していたのは奥さんだった。

そしてその奥さんを残して、男の人はどこかへと消えてしまったのだった。

市が経営している競馬といえども、バクチなのだ。


バクチは、のめり込むと悲惨な結果となってしまう。



うちの近くのパチンコ屋ではお相撲さんがよく
遊びに来ていますが、そのことで叩かれたこと
はありません。これっておかしな話ですよね。
なぜ野球賭博はダメでパチンコ賭博はOKなんでしょうか??

2010.06.28 17:47 URL | kazu #- [ 編集 ]

子供の教育をする時にバクチを勧める人はいないでしょう。経営母体がどこであれ、バクチはバクチなのです。日本人がパチンコ賭博にかけたお金がどこへ行っているのかを知らない人が多すぎます。

2010.06.28 22:28 URL | kazuさまへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3133-6b2a828d