FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

「夏の扉」「青い珊瑚礁」と言えば

誰でもご存知の松田聖子。

芸能生活30周年記念を迎えている。


九州の久留米市から18歳の時に上京して今年で48歳になる松田聖子。

20代で〈ぶりっ子〉と言われていた松田聖子。

この30年の間、実にいろいろなことがあった。


「2009-2010・カウントダウン・ライブ・パーティ」のDVDを見た。

いや、観戦したと言うほうが正しい。


48歳になって[Eighteen]をミニスカートで歌っている。

まさに、ぶりっ子街道を突き進み、それが決まっている。

なんだか勇気が湧いてくるから不思議だ。


何よりも他人の真似ではない自分自身を貫く姿勢に感動する。

30年と言う歳月は、松田聖子のエンターテインメントに、ますます深みを加えている。


30年と一言で言っても、18歳から人生の最も重要な時期なのだから感慨深い。


偶然にも

私が小耳症再建術に取り組み始めてから30年になる。

思えば最初の10年は強烈だった。

その後、この20年の間、小耳症の講演のため世界中をかけめぐってきた。

招待された国々の順番など、わけがわからなくなるぐらいだ。

記憶をたどり始めると、きりがない。


しかし原点は、未来を切り開くため

後ろ髪を惹かれる思いで、九州の長崎と言う故郷を離れ

上京する時

心細さを打ち消すための覚悟を持ったあの思い出だ。


その時の強烈な自分の信念は、揺らぐことなど全く無かったから

今振り返れば、それ自体が不思議だ。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3161-9bc988c5