FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

医師不足問題が最近話題となっている。が、

1980年代には厚生省が医師過剰となるといっていた。

なんと言う見通しの甘さなのだろうか?

厚生省は、何の責任も取ろうとしない。


研修制度を変更した後で地方都市の医師はますます減少した。

制度変更を行ったのは、ほかならぬ厚生省だ。

それでも何の責任も取らないのだから問題だ。


外科系に進もうとする医師が近年減少しているので

10年先に、国民は非常に困ることとなる。

外科医を育てるのには10年先を呼んでいかなければならない。


形成外科の分野でも、再建外科を目指そうとする医師が減少している。

手術時間が8時間を越える手術などを希望する若手の医師が激減している。


これらのすべての原因は、病院が多くの時間と人手を使っても

採算が合わないほど医療費を下げすぎた点にある。

これは、自民党政権時の小泉改革が原因だ。



教育問題だってそうだ。

土曜日を休みとして、教育内容を削った結果

日本の子供達の学力が落ちた。

その結果、また土曜日を復活する学校が増え始めている。

文部省は誰も責任を取ろうとしない。


これからは制度改革を行って事態が悪化したならば

当時制度改悪に関係した部門のすべてに責任を取らせる制度改革こそ必要なことだろう。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3263-cf96961c