FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

一年の計は、元旦にあり。と人は言う。
元旦の朝目覚めて、
「さあ!今年こそは・・・・」と固い決心をした。
私が何を決心したかは、もちろん秘密だ。

元旦はクリニックで日当直だったので、
クリニックへ到着してから、
院長に、
「一年の計は元旦にアリ。あんたの計は何か」ときいたら、
「今年はタバコをやめる」と言うので、
正月早々たまげた。

2Fへ上がったら妙に静かで、
大晦日当直の I さんが、
「昨日は大晦日なのでみんな12時まで起きていたので、
まだ誰も起きてこないんですよ」
というので、
「そりゃそうだ、寝正月だ。」と思った。

私が子供の頃は正月と言えば、
食べるものは餅しかなくて、
私のじいさまは朝からまきをくべて、
五右衛門風呂をたいて、朝風呂に入り、
今では朝からシャワーだの、シャンプーだのと、何時でも自由にできるのだが、
当時はそれが正月でこその贅沢であったのだ。

沸かしすぎたらあたりの雪など放り込んで、
時には小石などまざっていて、足に痛かった。
しかし今年の故郷は雪だらけで、
積雪80センチメートル。
雪しかない正月らしい。

お正月と言うので、家族の方達も沢山おいでになり、
夜になってもさぞうるさいだろうとと思ったが、
ホールでみながそろって遊んでいるところへ行き、
「10時になったらここの電気は切るからね」と言ったら、
9時50分にはみんな自分のベッドへ引き上げてしまい、
11時の消灯時間を過ぎたらあっという間に寝てしまい、
「なんて聞き分けがいいんだ。今までで一番のおりこうさん達だ」
とこれまた正月早々たまげた。

家に帰れば沢山の年賀状も届いており、
写真入のものも多く、みんなの顔が懐かしい。
院長と「あー」だの「う=」だの言いながらながめている。
平和なお正月があと少しで終わりそうだ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3361-9ad4de73