FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

チュニジアの民衆運動により長期政権が崩壊した。

フェイスブックというインターネットのつながりによる運動がきっかけだった。

これを皮切りに、エジプトにおいても同様に

30年近くにも及ぶムバラク長期政権が崩壊した。

そして、アルジェリア、バーレーン、ヨルダン、イエメン、リビア、などなどの中東の周辺諸国で

同様な民衆運動が勃発している。


政府が情報をコントロールしようとしても、

インターネットというネットワークでの情報が、

民衆運動を阻止できなくなった。


今後も、民衆運動は中東諸国のみでなく

世界へと広がりを見せていくことだろう。


情報革命は急速に世界を変えつつある。


思い起こせば、2002年、チュニジア大使館から私に電話が入った。

「チュニジア形成外科学会から私に小耳症に関する招待講演依頼の要請があり、

その渡航および滞在費費用をチュニジア厚生省が支払うので

チケットのレシート一式などを教えてほしいとの連絡だった」。


結局2002年12月、チュニジアのチュニスで私は

チュニジア厚生省主催の形成外科学会において

小耳症に関する2時間の招待講演を行った。

学会中も終了後の食事会の席でも、夜遅くまで

チュニジアの形成外科医達は、熱心で多くの質問を行ってきた。


それら目を輝かせていたチュニジアの形成外科医の面々が今更ながら思い出される。


国家体制が大きく変貌しようとしている現在も

彼ら形成外科医は、おそらく苦労の中で、精一杯がんばっていることだろう。



















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3415-8b07b109