FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

地震がおきてから、そろそろ1週間。
毎日の生活では、いろいろ以前とは違って不便なことが続いている。

まず、電車が時間どおりこないので、スタッフがクリニックへ来るのもひと苦労だ。
ずっとお泊りの院長だけは余裕のよっちゃん。
電車の遅れや、ギュウぎゅう詰めは、テレビの中だけのことだ。

師長さんは急遽ナースの勤務表を作り直し、
「緊急事態ですから・・・」と顔もきりりとして、頼もしい限りだ。

地震がおきてから初めての手術日は、
今週の火曜日であったが、
事前に、
○先生や麻酔のU先生から何度も連絡が入り、
みごと朝9じから、すべてのスタッフがそろって、
いつもどおりの時間に手術が始まった。

私は元旦に痛めた足が再び悪化したので、
無理しないようにクリニックでお泊りを繰り返している。
毎晩空いた部屋を探して、クッションかかえてさまよっているが、
災害にあわれた方たちのことを考えると、
ぐちなんかこぼしてはいられない。

子供たちも地震の当日だけは、
女の子はけろりとしていたが、
泣いたり地震酔いになったりした男の子もいた。

しかし、
夜は付き添いのおとうさんやお母さんが、
電車が止まってしまったので、帰れなくなり、
急遽、臨時でお泊りになったので、
夜はみな、のびのびとして、落ち着いていた。

子供たちも、親御さんも、ナースも、
それが一番安心なことだった。

今は入院中の子供たちは、いつもと変らずのびのびすごしている。
お母さんたちは、いつ来るか、わからないバスや電車に乗って、
毎日付き添いに通ってこられる。

親の力に、尊敬!














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3443-1ca65b1a