FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

5月14日の土曜日は、小耳症の初診の患者さんが多かったために

外来診察に時間を要した。

12時半から病室の包帯交換を行ったために

昼休みは30分とれなかった。


ところで、福島原発では建屋内に人が入って水量計を修理したところ

核納容器内に水がほとんど無い状態で

燃料棒が高熱となり容器の底へ落ち、いわゆるメルトダウンが起きていたと

今頃になって、ようやく報告されている。

放出した放射線量から本来ならば、

事故後3日以内にメルトダウンが起きていたということがわかっていたはずなのにだ。

水蒸気爆発の白煙のみでなく、

黒煙が別に上がっていた事からもメルトダウンとしか考えられなかったのだ。


当初のNHKに出演していた専門家といわれる解説員は、

日本の原発とロシアのチェルノブリとは全く異なるので

メルトダウンは決して起きないと言い張っていた。

全く根拠なしの話をしていたという事になる。

その解説者は、原子力関係会社からの回し者だったのだろう。


一方で無人機を飛ばして調査したアメリカのほうが

メルトダウンを正確に把握していたと言う事だ。

アメリカの技術で作られた福島原発は、

事故が起きた時、日本人だけでは対処すら出来ないという事だ。


メルトダウンのまま収まればよいが、

制御棒などの融点のほうが低いために、これらが融けて

2700度という高温の燃料棒成分の集合体だけになってしまい

格納容器の底を突き破り、一箇所にたまり、再臨界を起こすという可能性が

全く無くなったとは決して言い切れない。という点が問題として残されている。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3501-8af7b3b3