FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

最近は男子がさわがしい。
仲良しが金魚のフンみたいに連なって、
どたどたと移動する。

親御さんたちがいるときは大人しい。
いないときには騒がしい。

昨日は久しぶりに病棟勤務だったので、私はしょっちゅう怒鳴っていた。
怒鳴ってばかりいるので、
「こらっ走らない!」といくら叫んでも、
子供たちは気にもならない様子だ。

ところが午後になって、
辺りがなんだか妙に静かになっていた。

おかしい。

様子が変だ。

部屋に行って見ると
TくんとKくんのベッドが空だ。
同室のカーテンの中を開けて見ても、いない。
ははん、またおきてを破って、他の部屋に遊びに入ったな。

ここに違いない、と、個室のH君のドアをバッと開けたが、
いない。
トイレやリネン庫を次々あけてみたが、どこにもいないので、
あせった。

クリニック内で、神隠しが起これば、大問題。
警察に電話して、捜索隊を繰り出して、
と思ったが、
結局風呂場にいたらしい。


ふたりで?

日が変り、
今日は師長さんが病棟勤務。

今日は男子3人が消えた。
また、風呂場にいたらしい。
なんと3人でまとめてシャワーを浴びたらしい。
とても楽しく、浴びたらしい。
バスマットも風呂場もびしょぬれだ。
きっと、ガーゼも湿ったに違いない。
ガーゼが濡れて、傷が悪くなる可能性、大だ。

院長報告。

院長はカンカンだ。

院長の指示を受けて部屋まで行って、3人に厳重注意した。

ここは耳を作るところだから、
まずはクリニックの約束をきちんと守り、
事故なく無事に退院していただきたい。

楽しく仲良くしても、入院が延びたり、傷が悪くなったりしたら、
元も子もないだろう。


















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3504-f98fcbe4