FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1030435.jpg
カナダ・バンクーバーのパンパシフィックホテルで開催された国際形成外科学会。
IPRAS vancouver 2011正確に訳すと「国際形成美容外科学会、バンクーバー 2011」
と書かれライトアップされている。
その前で記念の写真。
世界各国から形成外科医がおよそ2000名集まった最大規模の国際学会となった。

5月24日は私の出番が多く超多忙な日となった。

まず朝10時半から10時45分までの15分間の
「耳の再建手術」に関するキーノート プレゼンテーションを行った。

更に、11時45分から11時50分までの5分間の「耳の再建に関する系統的なアプローチ法」
を発表した。

そして更に、夕方16時から18時までの2時間にわたるマスタークラスのワークショップで
「肋軟骨と似た材料を用いた永田法の3次元肋軟骨フレームの作り方の実習」を
私の海外の教え子達4名とともに行った。

以下がその実習風景。

P1030424.jpg
中心の机で、肋軟骨に似た材料を用いた「永田法の3次元肋軟骨フレーム」の作成の仕方を
私が実演しているところ。
P1030426.jpg
小耳症治療を行っている世界の形成外科の医師たちが集まっているので
熱気がむんむんといったところだった。
実習生徒達の進行状況をチェックしている私。
P1030427.jpg
その実習風景。
P1030428.jpg
私だけでは回りきれない人数なので、後ろのほうでは
私の海外の教え子達が実習生のチェックを行っている。
P1030429.jpg
熱心に耳の形を作成している実習生達。
P1030430.jpg
大盛況な実習となった。
P1030431.jpg
実習生達が作成した耳型の3次元フレームを添削修正して削りなおして指導している私。
P1030432.jpg
それを見学しているほかの実習生。
P1030434.jpg
それを更に見学しに来ている別の実習生。


そして更に次の日25日の午前7時から8時まで
私は「小耳症手術」のマスターコースの講演を行った。

今回の国際形成外科学会では、4回も出番があり多忙だったが

自分が開発した永田法の小耳症手術が国際形成外科学会で
このようにして世界中に広まっていくのは非常にやりがいのある仕事でもある。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3520-5ea03d90