FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

日本形成外科学会は、発足以来50年も、経過している。


それなのに、日本形成外科学会誌は、


未だに、学問誌としては、世界に認められていないジャーナルである。


世界の医学ジャーナルは、「インデックス・メディックス」に正式なリストが記載されている。


そして、ランク付けがされている。


残念ながら、日本形成外科学会誌は、記載すらされていない。


 


だから、世界に通用する論文を書くときには


日本のジャーナルは参考文献とする必要が無いのだ。


GDP世界第2位の国の、形成外科のジャーナルとしては、


恥ずかし過ぎるレベルの低さだという事を物語っている。


だから、日本形成外科学会は毎年行われてはいるが、


世界の学問としては、学会自体が存在しない事になる。


かろうじて、世界最低ランクのスカンジナビア学会誌と合体した事で


日本にも学会があるらしいとわかる程度だ。


 


もちろん、アメリカ形成外科ジャーナル、イギリス形成外科ジャーナルが


レベルは第1位、第2位となっている。


私はイギリス形成外科学会誌の


日本人唯一の、Editorial Adovisory Board Member なので、


イギリスの編集長からの好意で出たイギリス形成外科ジャーナルと


日本との合併話を


せっかく私が各教授にとっくの昔に手紙で知らせたが、


何の話し合いもした形跡が無い。


 


そうこうしている内に、今月からのイギリス形成外科ジャーナルの表紙には


イタリア形成外科学会の名前が、Affiriated として載った。


イタリアのほうが頭が回ったようだ。


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/364-ee07dc90