FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

昨日、通勤途中のこと、
フト、足元を見ると、なにやら白いものが落ちていた。

手のひらに乗るくらいの、
モコモコの白い熊ちゃん。

パープルのリボンをつけてるから、これは女の子。

ほっとくわけにもいかず、なんとなく手にぶらさげて、クリニックまで連れて来た。

当クリニックでは、10歳くらいの男子、女子が多いので、
なじみの熊ちゃんや、うさちゃんと一緒に入院してくる子も多い。

我が家でも、以前は、男の子3人のくせして、
ペンちゃんだの、ニャンちゃんだの、
いろいろなぬいぐるみが手放せなかったもんだ。

懐かしいなあ。

そういえば、当クリニックの「ナガタクマ」
当クリニックの守護神だった、あのぬいぐるみに熊ちゃんは、
いま、どこにいるのだろう。

退院が決まった男の子から、次の退院の男の子へ、
律儀に手渡しされていて、
この熊ちゃんが来たらもうすぐ退院だと、
みんなが熊ちゃんが自分のところへ来るのを、心待ちにしていたが、
ある時ふと気づいたら、
消えていた。

他のぬいぐるみと恋をして、
こっそりついていっちゃったのか、
新しい冒険を求めて、旅に出かけていったのか、
それは誰も知らないけれど、
どうしているかしら。

元気なら、一度帰っておいで。

ところでチビの白い熊ちゃん、
迷子になったのなら、
犬のおまわりさんとこに、連れて行ったほうがよかったかしら。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/3745-5307f09d