FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

毎週毎週、3人の患者さんが入院され、
毎週毎週、3人の小耳症の患者さんの手術があり、
それがひたすら続くものだから、
患者さんたちも今日廻診のときだれが抜糸の日で、
だれが胸のテープをはずしてと、
よくごぞんじである。

抜糸は、特に一大イベントで、
この山を越えればちょっと安心。

でも今日は抜糸だということで、朝から泣き顔で、
「ねえ、今日は廻診あるの?」と、何度も聞きに来る子もいる。

廻診中は体中カチカチで、緊張しまくりで、
中には涙が出たり、
落ち着かないでじっとしていられず、
院長やナースから、
「じっとして、危ないから」とか、
「動くと痛いよ!」とか叱られたりもする。

先週の土曜日も、
抜糸をすることになり、ある男子が緊張しまくっていた。

「こら、動いたら危ないよ」と言っても、
そわそわして落ち着かない。

いらいらした院長が、
「もッとベッドを倒せ。寝かしたほうが動かんだろう」と言うので、
いつもは座った姿勢で抜糸をするのだが、
その日はベッドを倒し、寝かした姿勢で抜糸を続けた。

細い糸で、何十本もの糸を1本づつ抜いていくものだから、
ライトを持つ私の手も震えてくるし、
院長も顔まっかっか。

ん?

なんか・・・聞こえて・・・

いびき?

なんと彼は抜糸中に寝てしまったらしく、いびきをかいている

ふむ。

廻診を待っている間に寝た子は過去に二人ほどいるけれど、
抜糸中に寝た子は、始めてだ。

もしかして、抜糸って全然痛くない?

抜糸が終わってから、寝ぼけまなこの彼は鏡を渡され、
院長から「感想は?」と聞かれ、

「きれいな耳でありがとうございました」と、

あいさつは花丸でした。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/4040-1bc1e3f9