fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

私もかつて、受験時代に手術を受けた事のある盲腸の手術。


「虫垂炎手術]と言う。


この手術は現在どのような手術となっているのか?


 


患者さんは、虫垂炎にかかって腹痛のため開業医を訪れる。


と、


開業医は、大学病院へ患者さんを送るようになった。


なぜか?


 


手術すれば赤字になるのだ。


通常の手術をして1時間で終わっても、人件費を払ったら赤字なのだ。


赤字にしないためには、何時間もかかる内視鏡を使った手術をする必要がある。との事


おかしな医療制度になったものだ。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/492-67f3fd92