FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

2日ほど前の読売新聞に、遅ればせながら


ようやく、医療崩壊についての記事が載っていた。


ただし、分析が間違っていた。


最も重要な患者一人当たりの医療費の


国際比較が重要なのに、全く欠落している。


医療のことがわかり、取材能力がある新聞記者も少なくなった。


 


それとは別に


国も、大病院の勤務医を楽にするための処置として


「総合医」なるものを作って、


患者はまず総合医に診察させてから、


専門医に回すようにする制度を作るなどと、


又、改悪案を打ち出してきた。


全く、お門違いだ。


 


誰がそんな馬鹿な案を出すのだろうか?


またまた、私は、ガックリである。


国民医療は単に手間取るようになり、もっと悪くなる一方だ。


 


どうも、この国の政治家は、人材不足過ぎる。


経済は1流、政治は2流と言われるゆえんだ。


医学会も同じようなものだから仕方ないかもしれない。


 


と言うように、モハヤ誰も聞いてくれるような


能力のある人がいないから


言っても無駄と判断した医者たちが、


無言の辞職と言う立ち去りを開始しているのだ。


「立ち去り型医療崩壊」である。


深刻な事態だ。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/520-4823c957