FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1160222.jpg

このブログに何度も何度も紹介しているように、
1992年から1993年にかけて、私の6個の小耳症の論文が
 アメリカ形成外科学会誌に掲載されて以降
  永田小耳症形成外科クリニックには、世界中から
   各国を代表する一流病院から多くの形成外科医師達が
    永田法の小耳症手術を学びに来日、来院してくる。

小耳症の手術法は、それを開発した人物の手術法として
 従来法のタンザー法、ブレント法などと呼ばれてきたが、
私の手術法も、世界中の形成外科医師たちが永田法と呼ぶようになっている。

1993年以降、これまでの世界の小耳症に対する論文は、永田法が基礎となっており、
永田法の論文引用回数が圧倒的に最も多くなっている。

先週から今週にかけても、香港の病院から形成外科医師が見学に来院していた。
向かって左側が、Lianne Leung 医師だ。
本日まで当院の小耳症手術見学を行った。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/5493-eb57fa30