fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。


約3週間の入院生活を終えて、無事に退院となった小耳症患者様から

素敵なお手紙をいただきました。 

ご本人とご家族の許可を得て、全文を掲載いたします。


20230620_退院1の手紙


20230620_退院2の手紙



-------------------------------------------------------------------------------
全文
-------------------------------------------------------------------------------

丸山先生と自分の経過を見守ってくださった人たちへ

ぼくの手術経過を見守ってくださった方々、この約三週間ありがとうございました。

おかげで、マスクバンドなしで、耳にマスクをかけられ普通の生活に近ずける事ができました。

他にも、手術やしょちをしてくれた丸山先生、中島先生、そして熊みたいな森田先生、

そしてそれらを手伝ってくれた看護師のみなさんに、とても感謝しています。

それに部屋をそうじしてくれる人、ご飯を持ってきてくれる人にも

おかげで快的な生活ができると、お礼を言いたいです。

ぼくがいなくなると一部の人は「●●●ロス」でさびしくなるかもしれません。
 ※●●●→患者様のお名前

ですがみんながさびしくなると、今度はまた自分がさびしくなります。

なのでぼくがここを出る時は、みんなで楽しく送りだしてください。そうすればぼくもさびしくなくなります。

あと、この部屋につめあとも残していくので、それもさがしてみてください。

この約三週間、本当にお世話になりました。ぼくもこれからがんばっていくので、

みなさんもずっとがんばってください。いままでありがとうございました。


















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/5975-d197a4f5