FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC03369.jpg


耳垂残存型小耳症に対する第一回目の、肋軟骨移植術が半年前に終了している。


今回は第2回目の耳立て手術。点線は浅側頭動脈の走行を示す。


DSC03370.jpg


浅側頭動静脈を含む血管膜[TPF]を起こしたところ.


動静脈血管の根元は切っていないので、この状態で血が通い、生きている。


この状態ではまだ、耳と血管膜との間に皮膚がある。


下においてあるのが、耳の後ろからの支えにするため作成した肋軟骨ブロック。


DSC03371.jpg

皮膚をはがし、耳の直上から血管膜を起こしたところ。


DSC03372.jpg


耳を立てようとすると、耳と頭との間に空間がある。


DSC03374.jpg


耳と頭の間の空間に、支えとなる肋軟骨ブロックを置いてみた所。


DSC03376.jpg


肋軟骨ブロック・耳の後ろ全体を血管膜でカバーして、


その上に頭から薄く取った皮膚を移植したところ。


耳を後上方から、見たところ。


耳が立っている。


DSC03377.jpg


耳を、前から見たところ。耳が立っている事がわかる。


耳の腫れは、血行が良いために、早く無くなる。



その1

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染、移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎
縫合不全 ハゲ 床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。


その2

このブログの写真は耳介形成術をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症
 感染、 縫合不全 その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/652-b61646a9