FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

事の本質を見ると、


何が良い事で何が悪い事かが見えてくる。


本質が見えないと、


良い方へ向かっているのか、悪い方へ向かっているのかがわからなくなり、


時間が無駄となる。


結局、先人達と同じ間違いを繰り返す事になる。


これを繰り返さなくてすむためには観察が必要だ。


結局時間と共に間違った原則がはっきりと見えてくる。


 


耳を作るときに絶対にしてはならない手技が見えてくる。


タンザー法やブレント法を行っていた先人達が疑う事がなかった手技。


 


それが、植皮術のみ、と言う手技だったのだ。


耳を作る時に、一部にでも軟部組織の上に


直接植皮のみ行えば、必ず収縮してしまう。


収縮は耳の輪郭をなくして、しかも血行不良を起こす。


だから、肋軟骨の吸収が起こる。


 


植皮をやるなら必ずその下には血行の良い血管膜でカバーする必要がある。


血行の良い血管膜の上に移植した皮膚は、皮弁と同じように収縮しない。


だから、生きた皮膚弁でカバーしなければならないが、


皮膚の表面積がどうしても不足するときは、


血管膜及び植皮でカバーする必要がある。


 


植皮のみで済ませると、後で泣きを見ることになる。


 

初めて訪問させて頂きました。
家の息子も小耳症で4歳になります。
今はまだ耳鼻科での年に1度の聴力検査と
形成にて胸囲等の診察をしてもらってる位ですが。。
正直小耳症に関して、無知な所も多いのです。
出産後一生懸命調べてはみたものの、
症例が少ないからか、情報は少ない。。
でも、全てではないですが読ませて頂き
手術の様子がこんな感じなのかと
把握できたように思います。
実際写真で見ると、こんな思いを息子にさせなくてはいけないのかと
心苦しい思いもしましたが。。。
永田クリニックの事は知ってはいました。
将来手術するのはこちらが良いと同じ症例の方から
オススメ頂いておりましたので。
今はまだ4歳、しかし手術する年齢まで
まだまだ先ではありません。
真剣に手術の事も考えなければいけませんね。
勉強させて頂くのに、また覗かせて頂きます。
ご多忙でしょうが、私達小耳症患者と家族の為に
頑張って下さい。応援してます。

2007.05.30 22:34 URL | 凛 #- [ 編集 ]

Re凛様へ
できれば、右側のカテゴリー、「サルトル・小耳症」を少しずつ、全てお読みください。
6年先に手術ですが、もし、学校が休みのときに手術を予約するのであれば早めに一度お越しください。全て理解していただくためには、1時間半くらいの説明時間がかかります。ベイビーの時から他の患者さんは日本全国から来られていますので夏休みの時期の予約は10年先まで埋まりそうです。今であれば冬休みみか春休みはまだ、あいています。手術時期を選ばないのであれば、もっと後でも、かまいません。

2007.05.31 18:56 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/680-b38ed585