fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

正しいと思ったことは、とことん貫く。


これは一生続けなければならない事だ。


周囲が皆、日寄っていても、それに流されたら


自分もその中の一人として、程度の低い人になってしまう。


 


だから一時的に、浮き上がる事があっても、貫き通す事だ。


すると結果的には、周りもそれなりの人物として認めてくれるようになる。


ただ若いときはあまりにも自分に厳しすぎるために


周囲から見ると変に感じられるときもある。


 


そんなときでも、自分にだけ厳しくして


それを決して他人に要求しなければ


事はスムーズに進む。


 


これはなかなか困難な事なのだ。


ある程度、煩悩を捨て去る必要がある。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/697-000af4fa