fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

今日は来週の小耳症手術の患者さんの術前検査3件と


明日の肋軟骨移植術予定の患者さんの入院があった。


ほぼ、予定どうりの入退院を繰り返している。


男女の部屋の配置も、なんとか、入院ベットの調整がスムーズになされている。


 


韓国から入院している患者さんも、ほかの患者さんとなじみとなり、


一緒に遊んでいる。


言葉が通じなくても子供同士意思がある程度通じている事がすごい。


日本語で挨拶している。


大変な努力だ。


看護士さんたちは、インターネットを用いた韓国語と日本語の


対話集を作って会話をしている。


まさに小耳症患者さんどうしの国際交流と言える。


術後は順調でほぼ抜糸も終わった。


 


 今月からは耳立て手術よりも肋軟骨移植手術が増加する。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/702-480fb0f6