fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

小耳症の子供達が仲良くなりすぎて大騒ぎしている。


それに耐えられなくなった小耳症の


作り直しで入院している大人の患者さんが困っている。


 


そもそも当院での小耳症手術は、


他の病院での手術後1週間も歩けない手術と違って、


手術後翌日から歩けるほど痛みが少なくて住むように


工夫されているので、患者さんが元気なのだ。


元気だからこそ騒ぎやすくなる。


 


この3ヶ月は静かだったのだが、


今月に入ってからは


次第に子供達が増加して


手術も2回目の耳立て手術の子供達が


知り合いとなっているために、仲もよくなり大騒ぎとなっている。


騒ぎすぎて、作った耳をぶつけてしまった子供まで出てきた。


 


そこで、部屋の配置換えが必要となった。


事務長が注意しに行ったのだが、


このような状況になった場合は、


子供達には、馬耳東風で


静かになる効果がある場合は少ない。


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/703-36c4c8ba