fc2ブログ

小耳症(永田法)の軌跡と新たな出発

永田小耳症形成外科クリニックは、院長・永田悟医師の逝去にともない、令和4年1月に閉院いたしました。このブログと、永田法による小耳症手術は次世代に引き継がれ、現在も行われています。小耳症手術をご検討の方は、ぜひご覧ください。

私は長崎生まれの長崎育ちだから


海を見るのが好きだ。


日日刻々と色が変わる海のそばで子供の頃は、よく遊んでいた。


魚が時々飛び跳ねていた。


海の臭いが独特だった。


自転車をこいで遠くまで、でかけたこともあった。


まだ小学校低学年なのに、


親に話したら怒られるくらい、はるか遠くまで出かけたものだ。


まったく自由に、時間はいくらでもあった。


朝から夕方まで、長い1日を思うままにすごしたものだ。


長崎は海岸線が長いのでどこに行っても海が見えた。


そんな私が今、海の無い埼玉県戸田市にクリニックを開業したものだから


しかも毎日当直して1年以上にもなるものだから


海を見ることが無い。


小耳症手術を3日もしていると、あっという間の1週間。


まるであの子供の頃の1日が現在の1週間と同じ永さなのだ。


このまま行くと、あっという間に墓場となりそうだから、


1日1日をもっと永く感じたいものだ。


 


 


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/722-11498591