FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

こちらドイツでの


国際形成外科学会のプログラムを見ると、


小耳症に関するセクションの演題状況は、


まず、


キーノートスピーカーとして、私と


私の教え子のフランスの、フランソワーズフィアミン女医。


 


他に、一般演題としては、ドイツから2演題。


イギリスから2演題。


韓国から2演題。


あと、1演題出てる国が


オーストラリア、セルビアモンテネグロ、中国となっています。


 


私は、議長なので、時間配分を考えながら、


このセクションを司会もしながら、進行させなければなりません。


それぞれの抄録をあらかじめ、チェックしておき


質問時間をも含めて計算しておかねばなりません。


いろいろ気を使います。


 


それにしても、


小耳症部門の発表演題が、国際学会となると、


日本からは、私以外には無いという事が、


ちょっと寂しいような状態です。


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/789-384b328e