FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

下のブログを見てもらえばわかるように、


3次元の形の軟骨フレームと


それを立体的に、ちょうどカバーできるための


皮膚の表面積とが、適材適所にピタリと会って始めて


立体的な彫刻のような堀の深い耳が出来る。


もし皮膚の表面積が足りなければ、


軟骨との間に,デッドスペースができて、


輪郭が出来ないばかりでなくて、


移植した肋軟骨が融けてくる原因となる。


 


さらに第2回目の「耳おこし」を、植皮術のみで行えば、


耳が立たないばかりではなく、


移植皮膚が収縮を起こし、皮膚に張力が、かかり続けて、


輪郭が、もっと悪くなる。


そして、耳への血行障害をも伴って


さらに移植した肋軟骨が融ける事になる。


 


このような問題点を全て解決できた方法が


永田法である。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/861-ccb9a8ba