FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ヤフー・ジャパンで、「小耳症」を入力すると、なんと、25600.


グーグル日本語で「小耳症」と入力してみると、63200もの


ホームページが存在して驚かされる。


 


小耳症患者さんの発生率は、各県に2名か、3名程度しかない。


とにかく非常に稀な疾患であるにもかかわらずこれだけ数多くの


ホームページが存在する事自体驚く。


 


以前は小耳症患者さんたちが、どこに行ったらその専門家がいるのかが


なかなかわからなかったために、


このように情報発信数が増加したものと考えられる。


 


中には、古いタンザー法や、その、もどき手術、など


時代遅れの情報をいまだに書いているものや、


組織拡張法「テイッシュ・エキスパンダー法]など、


もはや、世界で使われなくなった方法を、いまだに書いている大学病院の


遅れたホームページなど、間違ったものが多いので


患者さんが迷い、わからなくなっている。


 


そんなときには、出来た耳の結果をよく見るとすぐ判断がつく。


 


このように数多くのホームページが数多く存在するものの、


最新の情報を最も正確に、毎日のように発信しているものは


このブログしかない。


 


何故そんなことが出来るのかと言うと,


現在の世界の小耳症手術法は永田法であり、


その手術を開発したのは永田小耳症形成外科クリニックの院長であり、


 


年間を通して切れ目なく、毎週3件ずつ小耳症手術を行っている


世界1、小耳症手術の多い当院だから、出来る事である。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/866-99574c62