FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

今は、ちょうど夏休み直前なので、


皆、子供達は学校に行っている。


あと2週間もすると夏休み突入と言うことになる。


すると、小耳症の患者さんが、外来日に多くなり


毎年、外来が込み合う。


 


年中行事のように、夏休みは、こうなる運命だ。


初診の患者さんが来られると、


説明に長時間を必要とする。


そうしなかった患者さんは、小耳症手術のことが何も理解できなくて


同じような質問の繰り返しとなってしまう。


 


だから、できるだけ初診の患者さんには、


徹底的に理解してもらうように


1時間半の説明が欠かせない。


 


この資料は、私がアメリカ形成外科学会で


アメリカの小耳症専門の医者を教育する「インストラクショナルコース」


を行うときに使う資料と同じものを、用いて説明している。


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/868-67c45879