FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

○先生、骨折されました。
本当?
みんな、朝から忙しくて走り回っているのに、
「見てください!」と追いかけてくる。
手の白い弾力手袋をむしって「ほらっ」と手を突き出し、なんだか嬉しそう。
反応しない私を見て「誰も心配してくれないんですよ」と悲しそう。

だから、私に心配をしろと?
私の子育てはスパルタで、崖から上ってきた子をまた突き落とすタイプ。
とても同情できないわ。

「何でまた骨折なんか?」と聞くと「ドアに手をはさんだ」と。
「えっ?先生、ドア閉めるの?」
だって○先生、絶対閉めないので、
机の引き出しもロッカーのドアも更衣室のドアも医局のドアも靴箱も冷蔵庫のドアもトイレのドアだって開けっ放しだから、○先生の通ったアトは竜巻が通ったみたいにはっきりわかる。
但し、トイレのドアは使用中は閉まってる。

で、たまたまドアを閉めたらそこに手があったと・・・。

やはり、なれない事はするモンじゃない、と思ったのでした。







可愛い子には旅をさせよ

2007.07.24 20:15 URL | 園長先生 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://acrejuvenation.blog.fc2.com/tb.php/944-7d986cce